投稿

5月, 2019の投稿を表示しています

安部公房 「Sカルマ氏の犯罪 」社会の中の壁、疎外感

主人公は、朝起きると自分の名前が思い出せなかった。誰かに聞いても返事はもらえず、自分ではさっぱりわからなかった。名前が無いと、ツケで食事もできないし、病院にも行けなかった。誰も相手さえしてくれない。要するに、社会的な信用は消えてしまい、社会の一員であることを続けられなくなったわけである。社会からの疎外感が、寓話のように淡々と物語られる。
主人公にとって、名前を取り戻すしか生きていく道は無い。
主人公は自分の会社に行ってみると、そこには、彼の名刺が彼になりすましてY子と会話していた。Y子は気が付かないのだ。すべては、主人公を社会の外に押しやり、代わりに自分が社会の一員になろうという、名刺の企みであった。
それにしても、物によって取り替えられる人間存在。それほど希薄であったのだろうか。著者の眼差しは厳しい。

こんな具合に理性がやくだたなくなり、自由がなくなると、必然と偶然のけじめがまるでなくなって、時間はただ壁のようにぼくの行手をふさぐだけです。たとえY子の言うように、すべてが想像だとしてもそれがぼくだけの想像ではなくみんなに共通の想像であれば同じことです。現実からこのおかしな想像をマイナスすればいったい何が残るというのでしょう。(77p)

名前を失った主人公はカフカの「審判」のように不条理に裁判にかけられる。名刺の企みが発端ではあるとしても、その小さなきっかけで裁判が進んでいく社会とは何だろうか。社会を動かすのはもはや特定の人では無く、社会は誰も動かしていないのに自然に動いているのだとしたら、これほど怖ろしいことはあるだろうか。

「その論告によれば、歴史に記載されたすべての事件犯罪、ならびに現在行われているすべての裁判があなたに関係し、あなたの責任であるというのです。なぜなら、そのどれにもあなたの名前が記載されていない」 「あなたには名前がないのだから、そう言われても仕方ないでしょう。否認する証拠はないのです。」(95p)

あなたにとってこの裁判が不利なのは、その期間中、言いかえれば永久にあなたには法律の保護がないという点です。なにしろ人権というものも、つまりは名前に関するものですからね。(96p)


しかし、名前が無いというだけで、自分と社会の間には見えない壁ができてしまうとは、驚きである。
いや違うかもしれぬ、名前が重要だというのではなく、そこには元々壁があるというのが…