投稿

6月, 2008の投稿を表示しています

Steinbeck, "East of Eden" (エデンの東) 22 トムのこと

サミュエルの三男トムは、想像力が豊かな発明家であった。サミュエルに一番似た子供であった。ジョン・スタインベックに強い印象を与えたようで、トムのことが物語の中で度々描かれている。著者の筆は控えめで、雄弁には物語らないのであるが、トム自身の心情や、トムのことを好きであったらしい著者の心情が、語間に浮かんでくるのである。

サミュエルの末っ子のモリーは、舌がもつれて上手く話すことが出来なかった。想像力豊かなトムは、何故舌がもつれるのか原因を理解し、それを解決しようとした。モリーの舌を短くしようとしたのである。結果がどうなったのか物語には書かれていない。ただ、物語の後の方で、可哀想なモリー、大きくなれなかったモリー、とデシーが回想する場面がある。少年が、愛する妹の体を治してやろうとするのであるが、悲しい結末が待っていたのでは無かろうか。その悲しみに、何か心が締め付けられるような感じがする。

サミュエルの子供たちが成人し、それぞれが独立した後も、トムは独身のままでサミュエルとリザと一緒に暮らしていた。ジョン・スタインベックの母オリーブは、女性教師として働いた後、結婚してサリナスに家を構えていた。オリーブの家にトムが訪れる場面も描かれている。トムはいつも決まって夜遅くにオリーブの家に到着した。子供であったジョンと姉(あるいいは妹)メアリーは、朝早く起きて枕の下にガムが置いてあるのに気づくと、トム伯父さんの来訪を知るのである。メアリーは活発な少女であった。野球が得意で、女性でいるのが堪らなく嫌で、少年になりたかった。トムに少年になる方法を教えてくれと言うのである。もちろんそれは無理な話であった。それまでのジョンとメアリーにはトム伯父さんならば何でも叶えてくれるという信仰にも似た信頼があった。その信頼が少しほころんでしまい、トムとしても子供たちの期待に応えられなくて残念な気持ちになるのである。

サミュエルの娘デシーは、服飾の勉強をして、サンフランシスコに店を構えるほどになった。女性だけが集うファッションブティックと言ったところであった。1900年初頭のアメリカでも、女性が外で自分を日常の生活から解放して個人として振る舞うことが出来る機会はそれほど無かったのであろう。デシーの店では、女性だけが集い、女性が自分を日常から解放することができた。そういうことができる空間であったからたくさん…