投稿

9月, 2018の投稿を表示しています

安部公房 「第四間氷期」 未来と向き合うとき

この作品が執筆されたのは昭和33年(1958)前後であるが、先見性のある著者は、現在の我々にとっても大きな影響を持つ人工知能、バイオテクノロジー、地球温暖化などの科学的で社会的でもある課題を取り上げ、近未来を描いていく。

主人公の勝見博士は予言機械、いわゆる人工知能を研究開発する研究者であるが、予言機械を開発していることが原因となって、謎の事件に巻き込まれていく。

勝見博士たちの予言機械には、競争相手があった。朝鮮戦争や冷戦という時代背景もあり、共産主義国のモスクワ1号、2号という予言機械がその相手である。

モスクワ1号、2号も勝見博士の予言機械も、実に近未来を予測し、見事に成功を収め始めた。

予言機械《モスクワ1号》によって、人類はたしかに未来をこの目で見てしまったのだ。

しかし、予測が当たり始めると、予言機械の開発を止めるように研究所の上層部から圧力がかかるのである。予測が当たると、実社会の政治や経済に大きな影響を与え、取り返しのできない事態に陥ってしまうからであった。

そこで、どうしても研究開発を継続したい勝見博士は、政治経済に影響を与えないはずと考えた普通の個人の未来を予測することにした。研究対象は無作為に抽出されていなければ科学的と言えず、そのため助手の頼木と二人で街を歩き偶然に出会った特徴の無い標準的と思われる中年男性を選んだ。

ところが、その中年男性が彼らの隠密の追跡中に、殺されてしまう。ここから物語は緊張感を読者に与えながら、勝見博士を次第に暗澹な運命の罠へ落としていく。詳しい話はここには書かない。

先にも書いたが、科学的で社会に大きな影響をもたらす大きな課題が扱われている。これらの課題を安部公房のような叡智によって分析すると、この物語に書かれたシナリオが導き出されるのかもしれない。

しかし、我々読者は、著者からの問いかけに真剣に向き合わざるをえない。

人工知能によって予測可能になった社会はどのように人間の目に映るのか?予測されたものが社会的な危機であっても人間はそれを受け止めて、冷静な判断ができるのか?社会を救うために判断された結論が非人間的であっても、遂行すべきなのか?あるいは座して何もせず滅亡を待つべきなのか?

暗澹とした未来、著者からの問いかけに、読者は苦悩の連続を強いられる。

ここで問われているのは、未来を予測することではない。未来といか…