投稿

8月, 2016の投稿を表示しています

キプリング 「少年キム」 自分を探して

キム(Kimball Ohara)は、アイルランド系イギリス人将校とイギリス人女性との間にインドで生まれた少年であった。幼い時に両親と死に別れたキムは、人種のるつぼインドで誰も身寄りのない中ただ一人で生き抜いてきた。

イギリス人の血を引いているが、イギリス文化には全く触れずに、インド社会にもまれて成長したキムはイギリス人でもインド人でもない不思議な存在であった。英語の読み書きはほとんどできないし、イギリス文化をほとんど何も知らなかった。逆にインドの風習やインド人の習俗については現地人と同じくらいに理解していたが、インドの文学や学問を習得していたわけでもなかった。

時は、イギリスがインドを植民地として支配し、ヨーロッパ列強と覇権争いをした帝国主義の時代であった。数多くの言語と民族が混交して出来上がっているインド社会は、イギリス軍とイギリス官僚によって支配されていた。


キムは、そんなインド社会の片隅にイギリス人孤児として、しかしインド人の貧しい子供たちと同じように、生きていた。博物館の前でインド人の子供たちと遊んでいたとき、子供の遊びでも多民族で様々なインド文化が顔を出している、キムはラマの高僧に出会った。ラマ僧は、釈迦が放った矢が刺さった地に湧き出し、そこに浸ると悟りへと導いてくれると言われる聖河を探していた。キムは、ラマ僧のことが気に入って、それまでの暮らしを投げ出してラマ僧の修行の旅に導かれていく。

二人は、ガンジス河の流れに沿ってインドを東西に走る大幹道と呼ばれる部分を旅することになる。

聖河をさがしておるのだ。すべてを浄める奇跡の聖河を。
キムは、頭の回転が速く、インド習俗も深く理解し、度胸もある子供であったから、インド支配のためにイギリスが作った秘密組織に利用された。秘密文書の運搬をそれとは知らずに託され、その有能さが実証され理解されると今度は組織の人間になるように促された。秘密組織には、ヒンズー、イスラムなど現地の有能で多様な人々が属しており、彼らが有能で魅力ある性格のキムの事を気に入ったのである。

キムが組織の修行中に、インド北部地帯を旅したことがあった。ここで、南下政策でインドを狙うロシア人と、それを助けるフランス人という、二人の諜報活動員に出会う。彼らはイギリスに反感を持つインド北部の諸国に付け入り、不穏な動きに加担してイギリスを出し抜こうと考えてい…